引っ越し時に出た不用品の処分の方法は?対処法と注意点

引っ越し時に出た不用品の処分の方法は?対処法と注意点

引っ越し時に出る不用品の処分の仕方が分からない


引っ越しの時に出る不用品は、どのように処分して良いか分からないことがあります。しかも次々と不用品が出てくるので、判断や対応が追いつかず、混乱して作業が停滞してしまいがちです。必要な物とそうでない物の仕分けたいところですが、思い出の品は捨てにくいですし、まだ使えると思ってしまう物も少なくないでしょう。

思い切って捨てられれば良いですが、金銭的な価値があると勿体ないですから、売れる可能性も気になり始めます。そもそも売れる物なのか分からないと仕分けのしようがありませんし、全てを1つずつ買取専門店で査定してもらうのは非現実的です。となると、やはり何らかの基準を決めて、その基準に照らし合わせて必要な物とそうでない物の仕分けを行うことになります。

必要な物とそうでない物の仕分け

売れる物なのか分からないのはひとまず脇に置いておき、捨てるか否かで大まかに仕分けるのが賢明です。何も決まらなければ、仕分けも不用品の処分も進みませんから、取り敢えず基準を決めることが先決です。それでも決めかねる場合は、嵩張る大きな物から処分を検討したり、思い出や愛着のある物は後回しにするなどが必要でしょう。

大量な品をまとめて処分できるとスッキリしますが、肝心の仕分けに時間が掛かってしまいます。引っ越しは、荷物を運び出したり搬入するのが主な作業なので、大きな物が1つ減るだけでも違ってきます。必要な物とそうでない物の仕分けは、慣れないと誰にとっても難しいので、初めての人は最初からできると考えなくても大丈夫です。

売れる物なのか分からない

プロでなければ売れる物なのか分からないのも当然ですし、膨大な数を仕分けるとなればプロでも大変です。基本的に、買い替えが可能な物は処分しても心が痛まないので、これも優先的に仕分けすることをおすすめします。逆に生産終了などで入手が困難な物は、入手性が低くレア度が高まりますから、それだけ高く売れる可能性があります。捨てるのは勿体ないですし、売れれば引っ越しの費用がお得になるので、なるべく売る方向で保管しておくのが良いでしょう。

良く分からない物については、あれこれ考えても時間を浪費するだけですから、最後の最後の後回しにするのが無難です。こういう方針を決めておくことで、引っ越し時の必要な物とそうでない物の仕分けがやりやすくなり、売れる物なのか分からない悩みも小さくなります。ただ、引っ越し作業は経験がないと時間が掛かるものなので、少なからず悩んだり困るのが普通です。

不用品の種類


不用品と一口にいっても、実はいくつかの種類に分類することができます。

家具

家具はテーブルやチェアにタンス、ベッドや棚にラックといった物が該当します。

テーブルは脚が折り畳めるとしても、面積分の存在感があるので、引っ越しで邪魔になることが多くあります。新しい家に合わないこともありますから、割と不用品で処分するのは珍しくないでしょう。チェアも同様に買い替えの良い機会ですし、ベッドも古くなっていれば前向きに処分が検討できます。
金属製のラックのように、解体するのが面倒な家具は、不用品として丸ごと引き取ってもらうのも1つの手です。

家電

家電はテレビやレコーダー、冷蔵庫や洗濯機に掃除機と、大小様々で家庭の中に沢山あります。

不用品で処分するかどうかは、必要性や買い替えを念頭に検討することになるでしょう。大型家電は引っ越し作業の負担を増やしますし、費用を増加させる要因になります。古くなったら買い換えるのが賢明なので、引っ越しを機に引っ越し先で買い換えるケースが少なくないです。
まだまだ使える物は、売るなり譲るなりできますから、捨てるのは最終手段にして検討を進めるのがおすすめです。

生活用品

キッチンやお風呂場などで使う日用品は、生活用品として分類されます。

毎日使う物で種類や数が多く、洗剤やトイレタリー用品、非常用のアイテムなどを含むこともあります。一般的には食料品や衣料品は含まず、それ以外の日常的に使う物が当てはまります。大半は日々消費する物で処分は不要ですが、引っ越しの際に嵩張るようであれば処分の検討が必要です。

その他

家族の遺品やコレクションの品、仕事で使っていた書類などはその他の不用品となります。

倉庫に眠っている使わない機械類や、農作業具もその他として不用品の判断と処分の検討が不可欠です。生活用品に含まない期限切れの食料品であったり、古着などの衣料品もその他と考えるのが妥当です。期限切れのように、使えない物は処分を迷う必要がないので、これは引っ越しにおいて迷わずに済みます。

問題は着るかもしれない衣料品で、捨てるに捨てられないブランド物などは厄介です。ブランド品で価値がつく物なら売れますが、ノーブランドで古い物だと悩むでしょう。それが思い出の品だったりしたら余計に悩みますから、早め早めに不用品と判断するか、そしてどう処分するか決めておくのが得策です。
端的にいえば、使うか使わないかで判断すれば良いですが、そこに愛着や特別感を覚えてしまうと悩み始めるわけです。

不用品処分の方法


不用品を仕分けして処分を決めたら、不用品処分の方法を念頭に置き、最適な方法を選択するのが理想的です。

 

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するのは、引っ越し前など時間の余裕が無い時に一番約立つ方法です。

「洗濯機」「冷蔵庫」「テレビ」「エアコン」はリサイクル家電の為通常の粗大ごみとして捨てる事はできませんが、これらすべてを回収し必要な手続きもすべて回収業者で行ってくれます。
当日出張見積り・即日回収OKな回収業者もあり、1日ですべての不用品の処分が可能な点もメリットの1つです。

また不用品の回収だけでなく、引っ越し、ハウスクリーニングとオールマイティーなサービスを提供する不用品回収業者が増えてきています。別々の業者に頼むのではなく1つの業者にまとめて依頼できる所も、大きなメリットといえます。

ゴミ処理センターに持っていく

ゴミ処理センターに持っていくのも、不用品処分における候補の1つとなります。

自分で運ぶ必要があるので、車を用意する前提ではありますが、しかし直接直ぐに持ち込めるのであっという間に処分が完了します。ゴミに出せるものの回収の機会が限られている、あるいは売れない物で捨てにくい物も、ゴミ処理センターに持っていくと楽です。

リサイクル可能な資源やパソコンなどは処分できませんが、木材の切れ端や解体した金属片など、割と引き取ってもらえる物は多いです。家庭ゴミや大型ゴミに分類される物であれば、まず間違いなく引き取り対象となるでしょう。

営業時間や予約、身分証明書類の持参などの利用条件があるので、車に不用品を積み込む前に条件を確認しておくことが大切です。爆発の恐れがある燃料やスプレー缶、重量があって粉砕が困難な機械類などは、持ち込んでも受け入れられないので要注意です。

引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者に依頼するのは、実のところ手間がなく、非常に賢い不用品処分の方法だといえます。

引っ越し業者が不用品処分というのは、あまりイメージしにくいものですが、搬出や搬入作業以外にも回収、処分を引き受けるサービスがあります。その場で処分するかどうかを決められますし、何より家具や重たい荷物を運ぶプロなので、安心して回収処分を任せられます。

当然ながら処分費用は発生しますが、お金で不用品を処分してもらえることを思えば便利です。流石に化学薬品のような物までは無理ですが、特別な保管や管理を要さない物なら、大抵はゴミとして回収してくれるでしょう。ゴミ処理センターに持っていくのとは違い、車を手配したり積み込む作業も運転も不要なので、とても楽になる上に時間が浮きます。

2人以上の作業が必要な重量物であれば、誰かにお願いして一緒に運ぶよりも、素直に引っ越し業者に依頼するのがベストです。

買取専門店に持っていく

買取専門店に持っていくのは、現金化を前提とした不用品処分の定番です。

買取専門店は、品物の価値が分かる鑑定士が在籍しているので、基本的に何を持ち込んでも価値の評価が受けられます。ゴミだと思っていた古いジュエリーが高く売れたり、ただのコレクションに高値がつくこともあります。逆に、ブランド品が二束三文ということもあり得ますが、いずれにしても査定を受けるのは無料ですから、ダメ元で持ち込んでみるのは正解です。

査定を受けたい物が大量にあると大変ですが、買取専門店によっては出張買取サービスを提供しています。近くのお店で営業エリア内の利用条件はあるものの、電話1つで希望日時に来てもらえるので助かります。貴金属や宝石にブランド品、金券や腕時計などもお金になりますから、何かと出費がある引っ越し時に買取専門店に持っていくのは賢いです。

楽器やホビー、ゲーム機やオフィス用品の買取をする専門店も少なくないので、何でもまとめて持ち込めます。他にも、親しい友人や知人に譲ったり、フリーマーケットで出品して譲る手もあります。

価値がつきそうにない物は、地域ごとの交流を目的とした掲示板などで無料提供の掲載すると、引き取り手が見つかりやすくなります。送料のみを負担してもらえば、後は発送するだけで処分が完了しますから、使えるものをゴミにせずに済みますし、これからも使ってもらえるので一石二鳥以上です。

ネットオークションなどで売る

引っ越しまでに時間があって売れそうな物なら、ネットオークションなどで売るのが有力な方法となるでしょう。

ネットオークションなどで売ると、思わぬ値がついたりするので、コレクター向けや希少性のある物の売却に適しています。また、買取専門店で査定評価額がつかない物でも、ネットオークションなどで売ると売れたりします。
二束三文に留まることもありますが、それでも売れていくらかのお金になるのは間違いないです。
梱包資材の用意や取引のやり取り、梱包や発送手続きなどの手間は掛かりますが、不用品処分の現実的な選択肢として検討の余地ありです。

ネットオークション以外でも、近年はスマホ向けのフリマアプリが充実しているので、売りたい価格で売り出せます。売買が成立すると後は決まった作業をするだけですから、ネットオークションよりも煩わしさがないです。

ネットオークションはやり取りの手間、ゴミ処理センターは持ち込み、不用品回収業者や引っ越し業者はコストとそれぞれデメリットが存在します。買取専門店だとゴミ処分はできませんが、価値がある物なら評価して買い取ってくれます。逆に、査定で価値がつかない物はネットオークション、ゴミはゴミ処理センターで大型家具家電は引っ越し業者と、使い分けることができます。
無料の譲渡は一見すると便利ですが、後々トラブルが起こると面倒なので、可能な限りお金のやり取りが発生する方法での処分が良いです。不用品処分の方法は選択肢が多く迷いますが、違いが分かれば使い分けできますし、最適な方法が選べるようになるはずです。

注意しないといけない点


不用品の処分において注意を要するのは、料金とゴミの量を理解したり、悪徳業者に引っ掛からないことです。

料金とゴミの量

料金とゴミの量は、業者ごとに決められるものなので、割とお得な業者が存在する一方、高額な料金を請求する業者もあります。

悪徳業者に引っ掛からない為には、料金とゴミの量の相場をチェックして、それに照らし合わせて業者を評価します。極端に高い業者は論外ですが、事前に見積もりがなかったり金額の提示が曖昧だと、簡単に引っ掛かってしまうことになります。見積もりは必ず事前に出してもらう、書面で形を残し、追加費用の請求がないことも確認する必要があるでしょう。

ここまで徹底して対策しないと、業者による費用の追加を許してしまいかねないので、しっかりと契約内容を確認してから正式に依頼することが肝心です。

悪徳業者

反対に金額が安過ぎる業者も、良心的ではなく悪徳業者の可能性が疑われます。

安さの裏には理由があるものですが、例えば不法投棄でゴミの処分費用を浮かせているとしたら、料金とゴミの量が相場より安いのも頷けるでしょう。しかし、不法投棄は明らかに違法で、社会的にも許されるものではありませんから、違法行為に加担してしまわないように注意が必要です。

適正な料金を提示する業者の中にも、不法投棄で利益を出したり、浮いた処分費用をポケット入れている悪徳業者が紛れています。こうなると見分けるのは難しいですが、最低でも許可を得て事業を行っている業者か、知名度や実績があるかなどもチェックするのが基本です。

買取を行う業者を利用する場合は、古物商の許可を持っているか確認するのが基本中の基本となります。古物商の許可は中古品の売買に不可欠で、無許可で営業することは不可能です。許可なく営業する悪徳業者は、価値がある商品を無価値と評価した上で、回収処分費用を請求したりします。引き取った商品は売却を行い、回収処分費用と称するお金と合わせて利益にするので、消費者の側からすると非常に悪徳です。
本来なら利益が出た可能性がありますから、古物商の許可は必ず確認して、査定や買取などを受けるようにしましょう。

インターネットで業者名を検索して、全く名前が検索結果に引っ掛からないとしたら、それは注意すべき相手の恐れが強まります。名前を変えて転々としている業者は、各地で法外な料金を請求したり、商品価値を偽って回収している可能性が高いです。地域に密着していたり、設立から年数が経過している業者は信頼できるので、そういう業者の中から選定すると安心です。

不用品回収・粗大ごみ・遺品整理でお悩みの方

CTA-IMAGE 月間ご依頼1000件突破!!大阪・兵庫・奈良・京都の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷の掃除は業界最安値のオールサポートにおまかせください。お電話一本で最短30分でスグにお伺いいたします。 ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

不用品回収カテゴリの最新記事