不用品回収が無料ってホント!?無料回収のカラクリと依頼の際の注意点を大公開!

不用品回収が無料ってホント!?無料回収のカラクリと依頼の際の注意点を大公開!

不用品は無料で回収してほしいと思っている方は多いのではないでしょうか。不用品回収を無料で行っている業者はたくさんありますが、本当に無料なのか、詐欺にあわないか心配している方もいますよね。不用品を無料で回収していることには、それなりの理由があります。トラブルに巻き込まれないためにも、不用品の無料回収のカラクリを知っておきましょう。ここでは、不用品の無料回収のカラクリと業者選びの注意点、おすすめの不用品回収業者をご紹介します。

目次

不用品の無料回収を依頼する場合はトラブルに注意が必要

不用品の無料回収は様々な業者が行っており、それだけ業者の質も様々です。中には、詐欺を目的として行っている業者もいるため十分に注意しましょう。今回は、無料の不用品回収のカラクリや悪質業者の手口と特徴、騙されないための対策など、以下の項目を解説していきます。

・不用品の回収には通常では費用がかかる
不用品の回収は通常では無料でできないことを解説しています。

・無料の不用品回収のカラクリ
なぜ不用品回収を無料でできるのか、カラクリを解説しています。

・悪質な不用品回収業者の特徴
悪質な不用品回収業者にみられる特徴を解説しています。

・悪質な不用品回収業者の手口
どのような手口でトラブルを起こすのか手口を解説しています。

・悪質な無料の不用品回収に騙されないための対策
悪質な無料の不用品回収業者に騙されないための対策を解説しています。

・遺品整理業者に不用品回収を依頼する場合も要注意
遺品整理業者に不用品回収を依頼する場合も油断できないことを解説しています。

・良質な不用品回収業者の選び方
良質な不用品回収の特徴を踏まえ、選び方を解説しています。

・おすすめの不用品回収業者はオールサポート
良質かつトラブルの心配がないオールサポートを紹介しています。

不用品の回収には通常では費用がかかる

不用品回収を無料で行う業者が多いですが、通常では費用がかかります。不用品の回収には人員が必要で、トラックのガソリン代や維持費などのコストがかかるため、通常では料金が発生するのです。

不用品を回収して破棄するにしても、行政のサービスを利用すれば費用がかかるため、業者にとって得がありません。このことを踏まえ、なぜ無料で不用品回収ができるのかを知ることが大切です。

無料の不用品回収のカラクリ

なぜ、不用品を無料で回収できるのでしょうか。不用品を回収するのにも労働力がかかり、無料で廃棄できないため、業者にとって損になると思っている方は多いでしょう。無料で不用品回収できるのは、それだけ業者にメリットがあるためです。無料で不用品回収をできるカラクリを詳しくみていきましょう。

回収した不用品をショップに売って利益を得る

不用品を無料で回収して、リサイクルショップなどに売って利益を得るケースがあります。安く仕入れて高く売る転売がありますが、無料の不用品回収業者は、転売する商品を無料で仕入れているのと同じと言えます。

転売と異なるのは、思っていたよりも高く売れなくても損をしない仕組みになっていることです。仕入れ値が無料のため、1円でも値段がつけば業者は得をしたことになります。

ただ、この場合は不用品回収を依頼した人にもメリットがあるため、仕組みそのものには問題はありません。

海外に輸出して利益を得る

不用品は、国内では高く売れなくても、海外であれば高く売れる場合があります。そのため、不用品を海外に輸出して利益を得る業者も存在するのです。海外への輸出と言うと大がかりなイメージかもしれませんが、高値で売れれば輸出にかかる費用を加味しても多くの利益を得られます。

特に、日本の製品は、ものによっては海外で高い人気を誇るため、高く売却しやすくなっています。

不用品をオークションで売って利益を得る

リサイクルショップで高値の買取が期待できない場合は、オークションに出品するのも一つの方法となっています。オークションであれば、リサイクルショップに売るよりも高く売れる可能性があります。

このように、販売ルートは業者によって様々ですが、無料で回収して有料で売るスタイルに違いはありません。

不用品回収には一般廃棄物処理業許可が必要

不用品回収には、一般廃棄物処理業許可が必要です。しかし、許可を得ずに不用品回収している業者が後を絶ちません。また、古物商許可や産業廃棄物処理業許可を得ているから問題がないと言う業者もいますが、これらの許可を得ていても不用品回収はできないことが法律で定められています。

このように、法律を守らず不用品回収をしている業者は、あらゆる面で悪質な可能性があるため注意が必要です。また、冷蔵庫やエアコンなどは、廃棄ではなくリサイクルすることが法律で定められています。そもそも許可がなければ回収できませんが、冷蔵庫やエアコンなどを回収するという業者には注意しましょう。

悪質な不用品回収業者の特徴

悪質な不用品回収業者かどうかを見極めるためには、業者の情報を得る必要があります。業者にいくつかの質問をして、情報を集めましょう。悪質な不用品回収業者には、どのような特徴があるのか詳しく解説していきます。

許可を得ずに不用品回収をしている

一般廃棄物処理業許可を得ずに不用品回収をしている業者は、もともと詐欺を目的に不用品回収をしている可能性があります。許可を得た業者は行政のデータに登録されるため、トラブルが起きたときに身元がわかります。

詐欺をしようと考えている業者は、一般廃棄物処理業許可を得ることはないため、一つの目安になるのです。必ず、一般廃棄物処理業許可を得ているかどうか確認しましょう。その際には、登録番号まで確認することが大切です。

また、他の許可を得ているために問題がないなどと言われた場合は注意しましょう。

不用品回収の権限を持っていないため、何の資格を持っていないのと同じ扱いになります。

なんでも回収できると公言している

どのようなものでも回収できると公言している場合、家電リサイクル法を知らないか、不法に回収しようとしています。冷蔵庫やエアコンも回収できるのかを尋ね、回収できると言われた場合は、その業者への依頼を避けましょう。

回収に関する知識が不足しているため、どのようなトラブルが起こるか予想もつきません。

しばらくしてから、処理に費用がかかったなどといい、料金を請求してくる可能性もあります。

不用品がないかしつこく聞いてくる

不用品がないかしつこく聞いてくる業者にも注意が必要です。不用品回収業者は、回収できる不用品がなければ利益を得られないため、できるだけ多く回収したいと考えています。そのため、良質な業者であっても、他に不用品がないか尋ねてきます。

悪質な業者は、不用品がないかしつこく尋ねてくるため注意しましょう。

「○○も回収できなければ、△△は回収できない」などと言い、何とか不用品を多く回収しようとするケースもあります。

事務所や会社の所在地を明かさない

事務所や会社の所在地を尋ねても明かさない場合は、悪質な業者の可能性があります。所在地を知られると、トラブルが起きたときに身元がわかり、訴訟などを起こされる恐れがあるため、所在地を明かさないのです。

所在地を明かさない場合は、トラブルに十分に注意しましょう。

悪質な不用品回収業者の手口

無料の不用品回収業者の詐欺手口に十分注意しましょう。詐欺だけではなく、結果的に依頼主に不利益が及ぶケースもあります。詐欺から身を守るために、どのような詐欺があるのか確認しておきましょう。

回収したものを不法投棄する

回収した不用品を不法投棄するケースがあります。不用品を売るために回収しているのに、なぜ不法投棄するのか疑問に思う方もいるでしょう。不用品の中には、販売してもほとんど利益にならないものもあります。そのため、売れないものは不法投棄するのです。お金をかけて破棄する場合、業者が損をすることになるため、山奥や自治体のゴミ捨て場などに不法投棄します。

ここで問題なのが、もし警察が捜査をした場合、不用品の型番などから販売店がわかり、そこから購入者である依頼者が判明する可能性があることです。この場合、不用品業者が回収して不法投棄したことを証明しなければなりません。

通常、そこまで詳しい捜査が行われていないのが現状ですが、同じ場所に繰り返し不法投棄されている場合は、捜査が行われる可能性もあります。

法的な問題に発展し、思わぬ損害を受ける恐れもあるため、不法投棄するような業者には依頼しないことが大切です。

回収してから料金を請求してくる

悪質な不用品回収業者は、無料で回収すると言いながら、後から料金を請求するケースがあります。回収したが、処理に費用がかかるため負担してほしいなどと言い、料金を騙し取るのです。

当然、支払う義務はないため、断るようにしましょう。

基本料金無料などといい追加料金を請求する

不用品回収の基本料金が無料などといい、大量に不用品を回収してから追加料金を請求するケースがあります。料金がかかるのであれば依頼を取り下げると言っても拒否し、高額な請求をするのです。当然、この場合は支払う義務がありません。

しかし、高圧的な態度を取られるなどして、泣く泣く支払ってしまう方もいます。

この場合は、不当な料金を威圧的な態度で請求することで脅迫罪に該当する可能性もあるため、警察に連絡しましょう。

悪質な無料の不用品回収に騙されないための対策

悪質な無料の不用品回収業者に騙されないためには、証拠を押さえ、必要に応じて専門機関や警察を頼る必要があります。具体的に、どのように対策すればいいのかみていきましょう。

ボイスレコーダーに録音する

法的措置を取る場合、証拠が必要です。業者が無料で回収すると言った証拠として、ボイスレコーダーに音声を録音しておきましょう。不用品回収業者の中には悪質な業者もいることを踏まえ、どの業者に依頼する場合でもボイスレコーダーを忍ばせておくことが大切です。今では、スマホのアプリでも録音できるため、録音機器を購入する必要もありません。

追加料金を請求されても断る

追加料金を請求されても、強い意思を持って断りましょう。支払ってしまうと、将来的に取り戻せたとしても、一時的に金銭的な損害を受けます。威圧的なケースが多いため、「警察呼びますよ」などと言いましょう。警察を呼んで解決できるかどうかは別として、警察の名前を出すだけで引き下がる業者もいます。

回収を依頼する不用品の種類と量を正確に伝える

不用品回収業者に依頼する場合は、不用品の種類と量を正確に伝えましょう。正確に伝えなかった場合、聞いていた不用品の量と実際の量が違うということで、高額請求される可能性があります。正確に見積もりを取ることで、見積もりよりも明らかに高額な請求をされた際に、「見積もりと大きく異なるため支払えない」と言いやすくなります。

クーリングオフできないので要注意

不用品回収で高額請求されて支払ってしまった場合、クーリングオフできると思っている方は多いのではないでしょうか。不用品回収には、クーリングオフは適用できません。そもそも、クーリングオフは訪問販売や電話勧誘などを受け、巧みな話術やそのときの感情によって、頭を冷やして考えないままに契約してしまった人の救済制度です。

不用品回収を依頼するパターンには、次の3つがあります。

・チラシを見て電話する
ポストに投函されていたチラシを見て、無料で不用品回収できることを知り連絡したところ、トラブルにあうといったケースは少なくありません。この場合、チラシは勧誘ではなく広告の配布による宣伝行為であり、クーリングオフの対象にはならないのです。自ら電話をかけて不用品回収を依頼しているため、巧みな話術によって乗せられてしまったわけでもありません。

・スピーカーで宣伝して回っている不用品回収車に声をかける
スピーカーでの宣伝は勧誘ではありません。そのため、不用品回収においてクーリングオフの対象にはならないのです。不用品回収で多いのは、このパターンのため注意が必要です。

・ホームページを探して連絡する
業者のホームページを探して連絡先を突き止め、不用品回収を依頼する場合もあります。ホームページには、無料で不用品を回収できるなどと記載されており、実際に無料ではなかったためにトラブルに巻き込まれるケースもクーリングオフの対象外です。

上記のように、不用品回収の性質上、クーリングオフの対象にならないため、トラブルに巻き込まれないように十分に対策することが大切です。被害にあった場合は、国民生活センター(電話番号:188)に連絡し、相談しましょう。

また、損害賠償請求をして費用を取り戻したい場合は、弁護士に相談するのもひとつの手段です。ただし、証拠がなければ訴えることもできないため、トラブルに巻き込まれないように対策することが最も大切です。

遺品整理業者に不用品回収を依頼する場合も要注意

遺品整理業者は、不要な遺品を回収する場合がありますが、不用品回収を依頼する場合は注意が必要です。遺品整理の作業の質が高くても、不用品回収の質も高いとは限りません。一般廃棄物処理業許可を得ずに業務を行う業者もいるため注意しましょう。

また、遺品整理の際には、高価な遺品が出てくる場合があります。高価な遺品を無価値などといい、無料で回収するケースもあるのです。その他、許可を得ずに勝手に回収するような悪質な業者も存在します。

遺品整理業者によっては、その場で買い取りますが、相場よりも非常に安く見積もられることもあるため、安易に利用しない方がいいでしょう。

良質な不用品回収業者の選び方

不用品回収を依頼したい場合、良質な業者を選ぶことが大切です。無料の時点で良質な不用品回収業者の数は大きく減るのですが、確かに存在はしています。しかし、良質かどうかは実際に依頼しなければわからないため、有料で回収する業者を選ぶことが大切です。良質な不用品回収業者は、次のような基準で選びましょう。

料金がかかるものの安い

料金がかかるものの、安く回収してもらえる業者を選びましょう。一気に複数の不用品を回収してもらうケースでは、経済的な負担が大きくなります。次のような料金の業者をおすすめします。

・テーブル
2~4人で使うテーブルは、2,000円~がおすすめです。5,000円を超えるケースもありますが、経済的負担が大きいため避けた方がいいでしょう。また、学習机はテーブルとは別の扱いになり、3,000円~となっていることが多いです。


・椅子
500円~がおすすめです。複数の椅子を回収してもらうケースが多いため、少しでも安い方がいいでしょう。サイズが大きいほどに、回収にかかる費用が高くなる場合があります。


・タンス
3,000円~がおすすめです。引っ越しの際には、複数のタンスを回収してもらうケースもあります。タンスは、3,000円程度で販売されていることもあるため、5,000円以上かかるケースでは赤字になってしまうでしょう。また、タンスのサイズによっては人員が必要になるため、思わぬ費用がかかる恐れがあります。事前にしっかり見積もりを取りましょう。


・ソファー
3,000円~がおすすめです。ソファーは大型のものになると人手が必要になるため注意しましょう。分解できるソファーであれば、分解してまとめておくことで、割引してもらえる可能性があります。業者によって異なるため、事前に確認しておきましょう。


・サイドボード
3,500円~がおすすめです。サイドボードはある程度のサイズがあるため、タンスよりも高くなっています。解体できないケースが多く、割引はあまり期待できません。


・ベッド
3,000円~がおすすめです。ベッドは大きいため、多額の費用がかかると思いがちですが、実際にはタンスなどと同じ程度の費用で済みます。高額請求され、ベッドだから仕方がないと思って支払うことがないように注意しましょう。


・テレビ台
1,000円~がおすすめです。テレビ台といっても、簡易なものから天井付近まで高さのあるインテリアを飾れるタイプのものまで様々です。料金の幅が広いため、どのようなテレビ台か詳しく伝えて見積もりを取りましょう。


・本棚
3,000円~がおすすめです。本棚といっても、簡易なカラーボックスのものであれば数千円で購入できるため、赤字になるケースがあります。できれば、解体したうえで不用品回収を依頼しましょう。

電話対応がいい

電話対応がいい業者は、その他の対応もいい可能性があります。しかし、コールセンターと実際に作業をする業者は別の人物のケースもあるため、一概には言えません。なんとか依頼に繋げようと、しつこく営業文句を言ってくる場合は注意しましょう。

見積もりを取らしてほしいことの一点張りで、こちらからの質問に答えない場合は、いい業者とは言えません。丁寧語ができており、こちらの話をしっかり聞き、的確な回答をすることがポイントです。

逆に、荒々しかったり、不機嫌だったりする場合、ビジネスマナーができていない業者のため、不用品回収についても質の高い作業が期待できません。

依頼を焦らせない

見積もりを取る際に、依頼を焦らせようとする業者は避けた方がいいでしょう。見積もり無料と言っていたのに出張費を取ろうとしたり、依頼しなければ高額な料金が発生するなどと言ったりする場合があります。依頼を少しでも焦らせるような言動があった場合は、依頼を避けた方がいいでしょう。

見積もりと出張費が無料で、料金の根拠を教えてくれたり、他の業者と比較させてくれたりする業者は、ある程度信頼できると言えます。やましいことがある場合、料金の根拠を話せません。また、適当につけた料金の場合も根拠を話せないため、信頼できるかどうかの目安になります。

見積もり後に断れる雰囲気を作る

見積もり後に、断れる雰囲気を作る業者をおすすめします。まるで、見積もりを取ったら必ず依頼すべきかのような対応をする業者は避けましょう。後日、改めて連絡したい旨を伝え、反応を見ることが重要です。

不機嫌になったり、明らかに不快な表情をしたりした場合は、注意しましょう。考える時間が必要なことに配慮してくれる業者を選ぶことが大切です。

おすすめの不用品回収業者はオールサポート

不用品回収業者を探すのには、苦労するでしょう。業者の情報を知るためには、インターネットで検索する必要があります。しかし、評判がいいかどうかがわからなかったり、あまりにも好条件ばかりが書かれていたりして、いまひとつ信用できないという場合もあるでしょう。

そこで、おすすめの不用品回収業者の「オールサポート」をご紹介します。良質な不用品回収業者の条件を全て満たしているため、安心して依頼できるでしょう。オールサポートの魅力について、詳しくご紹介します。

遺品整理の際に同時に不用品回収してくれる

遺品整理も行っており、その際に不用品回収をしてもらえます。また、買取もしているため、遺品整理の料金から買取額を差し引き、安く作業してもらうことも可能です。不用品と思っていたものがお金に変わるため、無料の不用品回収よりもお得と言えるでしょう。

遺品整理の際には、タンスやベッドなど、様々な不用品が出てくるため、別で業者に依頼するのには手間がかかります。見積もりを取るために出張費を支払う必要もありません。もちろん、引っ越しなどの機会の不用品回収も依頼できます。

他社より1円でも高い場合は相談できる

オールサポートの凄いところは、依頼料金が他社よりも1円でも高い場合は相談できることです。料金を他社よりも必ず安くすることは約束されていませんが、不用品の種類によっては格安で依頼できる可能性があります。一気に、多くの不用品の回収を依頼する場合、1つあたりの料金が少しでも安い方が経済的負担を抑えられます。

引っ越しなどの機会に不用品回収を依頼する場合、引っ越し費用もかかっているため、できるだけ安く依頼したいところでしょう。

他社よりも高いことを証明するために、他社の見積もり書を用意してください。複数の業者の見積もり書を見せることで、前向きに値下げを検討してもらえるでしょう。

出張見積もりが無料

出張見積もりが無料のため、見積もりの結果、依頼をしないことに決めた場合でも不要な料金がかかりません。出張見積もりが無料であることで、気軽に見積もりを依頼できるようになっています。また、依頼するように威圧したり、依頼を焦らせたりすることもありません。

マナーと技術研修を受けている

オールサポートのスタッフは、月6回のマナーと技術の研修を受けているため、気持ちのいい対応をしてくれます。月6回ということは、週1~2回もの研修を行っていることになります。研修を受けてから日が空いてしまうと、学んだことを実行できなくなりますが、オールサポートは頻繁に研修しているため、それだけ満足度の高いサービスを提供できるのです。

不用品回収において、対応の気持ちよさは非常に重要です。不用品を回収する際に自宅に上がる場合、運び出しのときに壁や家具を傷つけないよう注意しなければなりません。研修が不十分な場合、運び出し方が悪く、様々な部分を傷つけてしまいます。

オールサポートは、その点安心できるでしょう。

月間1,000件以上の実績がある

月間1,000件以上もの実績があるため、スタッフそれぞれが経験豊富です。不用品の運び出し方や丁寧な対応など、様々な技術やマナーを身につけています。また、繰り返し依頼してもらえるような気持ちのいい対応をしています。

月間1,000件以上という実績は、良い口コミがあるためです。業者と依頼者を繋ぐサイトでは、オールサポートがランキング1位を獲得していることもあります。それだけ評判がいいということは、対応がよく、技術にも申し分がないと感じた人が多いということです。

トラブルが起きた場合は、悪い口コミが書かれる可能性が高いですが、オールサポートに悪い評判はありません。

損害賠償保険に加入している

損害賠償保険に加入しているため、運び出しのときに家具や壁、床などを傷つけてしまっても、弁済してもらえます。損害賠償保険に加入していない業者でも、過失によって傷つけた場合は弁済が必要です。しかし、損害保険に加入していないために業者にも損失が生じ、弁済を渋られてしまうケースがあるのです。

損害賠償保険に加入していれば、業者としても弁済しやすいため、泣き寝入りのリスクを抑えられます。

おわりに

無料で不用品回収してもらえることを知ると、すぐに連絡をとってしまいがちです。まずは、業者が信頼できるかどうか十分に見極める必要があります。トラブルにあいたくない場合は、基本的に有料の不用品回収業者に依頼しましょう。有料であるため、サービスの質も高く、しっかり対応してもらえます。無料の場合は、回収後に販売したりオークションに出品したりするまで、どれだけの値段がつくかわからないため、業者にとっては良い対応をする必要がないのです。

また、トラックに不用品を載せてから高額な料金を請求したり、不用品を道端に捨てて行ったりなど、悪質な業者も存在します。そのような被害を防ぐためにも、オールサポートのような信頼できる業者に依頼することが大切です。オールサポートは、有料の不用品回収業者ですが、料金が安いため、費用負担を抑えて不用品を回収してもらえます。マナーや技術の研修を頻繁に受けているスタッフが丁寧に対応してくれます。

無料の不用品回収は、お得なイメージが定着していますが、トラブルにあうことが多いため、信頼できるかどうかを第一に考えて業者を選びましょう。

不用品回収・粗大ごみ・遺品整理でお悩みの方

CTA-IMAGE 月間ご依頼1000件突破!!大阪・兵庫・奈良・京都の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷の掃除は業界最安値のオールサポートにおまかせください。お電話一本で最短30分でスグにお伺いいたします。 ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

不用品回収カテゴリの最新記事