衣替えと一緒にスッキリ!衣服を整理するコツを紹介!

衣替えと一緒にスッキリ!衣服を整理するコツを紹介!

衣替えは衣類の断捨離のチャンス!

夏から秋へ!衣類の整理をしよう!

この衣替えのタイミングは衣類の断捨離の機会でもあって、収納スペースをスッキリさせるチャンスです。普段、衣類を整理しようと思っていても、中々重い腰が上がらず作業が進まないといったことがあります。しかしファッション好きな人だと、衣類が増えていく一方で、収納が限界を迎えるのは時間の問題だったりします。

またシーズンごとに衣類を買い増しする人も、やはり定期的に着ない衣類を処分しないと、収納スペースが大変なことになってしまいます。
日頃の断捨離は難しいとしても、衣替えは必ず毎シーズン行うものですから、夏から秋に変わるタイミングで断捨離にも取り組めば重い腰も上がるはずです。しかも、収納が整理されスペースが広がりますし、本当に好みの衣類だけが残るので快適です。

洋服探しが楽になるので、衣替えが終われば純粋にコーディネートやおしゃれを楽しむことができるでしょう。いつか着るはずの衣類は結局タンスの肥やしになってしまうケースが少なくないですから、季節の変わり目に切っ掛けを作り、思い切って断捨離することをおすすめします。

防虫剤の準備は大丈夫?

衣替えの際は害虫対策をして、大切な衣類を守るようにしましょう。
防虫剤は半永久的に使えるわけではなく、一定期間ごとに取り替えて使用するのが基本です。

数多くの種類の製品が存在しますが、大抵は季節の変わり目の衣替えに合わせて交換するように、3ヶ月くらいの寿命が設定されています。使い古しの防虫剤に効果は望めないので、新しい物と交換すべきです。防虫剤があれば害虫を寄せ付けませんし、害虫が収納スペースに集まってこないので、いわゆる虫食い被害を防ぐことができます。

ただ、汚れていたり汚れが残った状態で収納すると、虫食いの心配はなくても、時間の経過と共に変色する恐れがあるので要注意です。
特に汗や皮脂汚れが溜まりやすい部分は、酸素に触れる部分が黄色くなりやすいですから、変色させて後悔しないよう十分に洗いましょう。不要な衣類は処分する、残す衣類は洗濯を済ませてから新しい防虫剤と一緒に収納する、これで次のシーズンまで安心です。

洋服を手離す基準

服の劣化度をみよう

洋服は着用時に肌と密着するのでその部分を中心に生地が傷んだり、ほつれるなどの劣化が現れ始めます。合成繊維で作られている洋服だと、耐久性は高くて簡単に穴が開いたりはしませんが、それでも劣化しないわけではないです。

上着だと首周りが伸びてしまったり、繊維の加工や質感によっては、摩擦によって毛玉ができることもあります。何度も洗濯を繰り返せば色が抜け繊維が伸びますし、汗を吸収した部分の汚れが残りシミになったりもします。

他にも、ボタンが取れかかっていたり既に取れてしまっていたり、引っ掛けた部分の糸が出て目立つといった劣化も珍しくないです。直せばまだ使える洋服もあるでしょうが、洋服を手放し整理する目的であれば、劣化が見られる洋服をもれなく処分の検討に加えるのが得策です。

勿体ないと感じたり、長年着ていないのに直せば使えると考えてしまうと、いつまで経ってもタンスの肥やしのままなので、直せるとしても思い切って処分するのが正解です。

サイズ感は大丈夫??

体型の変化や年齢によって合わなくなった洋服は、キツくて入らなかったり、逆に隙間ができてフィットに違和感を生じます。
とりあえず着用してみて、丈などを直さないと着られないと感じる洋服については、ひとまず処分予定に分類しておくのがおすすめです。実際に処分するかどうかは、他の基準にも照らし合わせてから決められるので、すぐに手放す判断をする必要はないです。

ただし、サイズが合わないということは、着たくても身体に合わず満足に楽しめない可能性が高いので、手放す方向で検討することになるでしょう。サイズ感を確認する上でのポイントは、丈の長さや手首、足首周りの締めつけに、身体を捻ったり関節を曲げた時に窮屈に感じないかどうかです。
ボタンを留めたりジッパーを上げるだけでキツイようなら、もう身体と洋服のサイズのズレが広がってしまい、着用には向かなくなったと判断できます。

出番が少ない服

出番が少ない服、これは明らかに不要なタイプの洋服で、勿体ないからと保管しておいても着ない恐れが強いことから、難しく考えずに処分すべきです。
この手の洋服は大抵の場合、衣替えの際に目に留まっては思い出し、いつか着るからと言って収納に戻しがちです。いくらサイズに問題がなく劣化していなくても、出番が少ないという事実は変わらないわけですし、それならあってもなくてもほぼ同じです。出番の少なさをどう捉えるかにもよりますが、例えば1年に1回も着ていないなら、手元になくても困らない洋だと思われます。

思い出の品なら別ですが、特に高級でもなく思い入れもないのであれば、大切に取っておく理由はないでしょう。年に数回着ている洋服についても、今後出番が増える見込みがないのなら、それを1つの基準として処分することができます。

衣替えが楽になる収納のコツ

シーズンごとに仕分ける

シーズンごとに仕分ける習慣を作ることで、毎シーズン衣替えの作業はスムーズに進みますし、無駄な衣服が減らせるので一石二鳥です。最初に慣れるまで時間はかかるでしょうが、慣れてくると作業が楽になったり楽しくなってきます。

この仕分け作業中に不要な衣服が見つかれば断捨離できるので、一度やってみることをおすすめします。
仕分けを終えたら収納を行い、後は不要なものを処分してしまえば完了です。
衣服の総量が減ることで、シーズン単位で仕分ける衣替えの負担軽減の選択肢も生まれてきますから、シーズンごとに仕分ける方法には可能性があります。
こうすることで、どこにどのシーズンの衣服をしまったか簡単に分かりますから、衣服を取り出す際に探す手間がなくなります。

衣服を種類で仕分ける手もありますが、シーズンが混在していると衣替えの手間は減るようで減らないです。だからこそ、シーズンごとに仕分ける方針で収納した方が負担は確実に減って楽になるでしょう。

見える収納にかえる

見える収納にかえるのも、衣服の場所を探さなくて済むようになる収納のコツです。
透明な衣装ケースは中身が見えるので、ラベルを貼って分かりやすくしておくと、衣類探しのスピードが上がります。衣替えの作業も、中の衣服が見えるだけで非常に負担が軽減されますから、収納選び1つを取っても実はかなり重要だといえます。

色違いのケースで中身を分ける方法もありますが、それだとケースの色と中身の関係を覚える手間が生じます。しかし、透明な衣装ケースに統一すると覚える必要がなくなりますし、何より複数の色を買い揃えずに済みます。見た目が似ていて分かりにくい場合は、ヒントとなるラベルを貼れば問題解消です。

更に、洋服は大きめのケース、下着類は小さめのケースとサイズ違いで収納するのもポイントです。
衣替えの手間は、何がどこに入っているか分からず、手当たり次第探すような場面で発生するものです。
つまり、見える収納にかえるのは合理的ですし、衣替えが楽になるのは必然的だといえるでしょう。

狭いクローゼットはあえて「衣替えをしないルール」

狭いクローゼットはあえて「衣替えをしないルール」設けることで、かなり負担が減少します。
衣替えをしない、それは一見すると収納のルールに反すると思われますが、場所を限定することで優れた効果が発揮されます。
その場所こそがまさに狭いクローゼットで、クローゼットをオールシーズン常設の収納スペースと捉え、衣替えをしないルールを設けると楽です。

勿論、定期的に掃除をしたり、風通しを良くするなどの管理は必要ですが、季節が変わっても衣服はそのままにしておけます。
衣替えというと、次の季節の衣類を奥の方から取り出してはシーズンが終わった衣服を代わりにしまう手間が、毎シーズンの負担となって伸し掛かります。
衣服を入れ替えるだけといえば簡単そうですが、実際のところは重労働な部分もあるので、手間そのものを減らす考え方は合理的です。

まとめ

衣替えと断捨離は衣服を整理するチャンスで、夏から秋にかけては断捨離を兼ねた衣替えの狙い目です。
夏に着用した衣服は、汗を吸ってかなり汚れていますから、洗って収納するにしてもしっかり洗濯をしたり乾かす必要があるでしょう。断捨離をすることで、本当に必要な衣服だけを残し不要な衣服は処分することができます。
同時に防虫剤の交換も行うことで、シーズンが終わった衣服を虫食いから守れます。

断捨離をする洋服の基準
には、サイズ感や服の劣化、出番の少ない物といった基準が挙げられます。
いずれも着用の機会が減っていたり、着ること自体がなくなりそうなのが共通点です。
一方、衣替えはあえて衣替えをしない場所を決める、シーズンごとに仕分ける、見える収納にするなどの工夫で楽になります。

不用品回収・粗大ごみ・遺品整理でお悩みの方

CTA-IMAGE 月間ご依頼1000件突破!!大阪・兵庫・奈良・京都の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷の掃除は業界最安値のオールサポートにおまかせください。お電話一本で最短30分でスグにお伺いいたします。 ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

汚部屋やゴミ屋敷・片付けカテゴリの最新記事