オフィス移転で出た大量の大型ゴミの処分方法は?オススメ方法と注意点

オフィス移転で出た大量の大型ゴミの処分方法は?オススメ方法と注意点

オフィス移転時の不用品の種類


引っ越しはやることが多く、肉体的にも精神的にも負担がかかる非常に大変な作業です。一人暮らしの引っ越しであれば荷物が少ないので、比較的簡単に準備できますが、会社の引っ越しであるオフィス移転となると話は別です。やるべきことは非常にたくさんあるので、優先順位を決めて作業をしていかないと混乱してしまいがちです。

会社によって多少異なりますが、基本的には通常業務をしながらオフィス移転の準備を行うことが多いです。仕事を完全にストップさせることはできない状況だと、移転にかかる時間はなるべく短縮する必要があります。時間を掛けないようにするためにも、優先順位を決めて計画性を持って作業するべきです。
最初に移転先に持っていくものは、使用頻度が低いものが良いです。使用頻度が低いものから運んでいって、最後に毎日使うものを運んで移転終了というのが理想的です。

文書や書類

オフィスで使用する回数が比較的少ないのは過去のデータ、文書や書類になるでしょう。最近はデータ共有をクラウド化している会社が増えていますが、まだまだ書類をファイルにとじて管理している会社もたくさんあるのが現状です。クラウド化していれば書類や文書の数は少ないので、作業は簡単で時間も掛からないですが、大量の文書や書類を紙で管理している場合はなるべく早い段階から準備を進めていかないといけないです。

必要ない文書や書類はシュレッダーにかけて燃えるゴミの日に出します。近年は個人情報の管理を徹底しないと会社としての信頼を失うことになるので、一昔前よりも力を入れている部分です。文書や書類はそのままゴミとして捨てるのではなく、再現不可能になるレベルまで処理をする必要があります。シュレッダーはオフィスに必ず必要な機械なので、所有している会社がほとんどだと思いますが、無い場合は必ず準備した方が良いです。シュレッダーで処理するのは手間かもしれませんが、後々問題にならないように必ず使ったほうが良いです。

デスクや椅子の処分

文書や書類が終わったら、次は使用頻度が少ない収納棚やロッカー、デスクや椅子を運んでいきます。このときに使わないデスクや椅子の処分も同時に考える必要があります。収納棚やロッカー、デスクや椅子があると動線を確保するのが大変になるので、使わないものは思い切って処分してしまうと良いでしょう。大型のオフィス家具のほとんどが産業廃棄物に該当するので、ルールに従って処理する必要があります。産業廃棄物の不法投棄などは社会問題にもなっているので、必ずルールに従って捨てなくてはいけないです。

パソコンやプリンター等のOA機器

オフィス移転直前まで使用するものはたくさんありますが、中でもパソコンやプリンター等のOA機器などはビジネスの現場において無くてはならないものです。プリンター等のOA機器はレンタルサービスを使用していることもあるので、移転のタイミングにあわせて返却をしておくとスムーズに作業が進めることができます。

自社で所有している場合、今後も使うのであれば移転先に持っていく準備をします。新しく買い換えるのであれば、古いものは買取をお願いしたり、処分することになります。パソコンはおそらく最も使う機会が多いオフィス機器なので、最終日にまとめて運ぶのが良いでしょう。

使わなくなったパソコンは無料回収サービスで廃棄するか、買取業者に売却するのが一般的です。パソコンは個人情報や会社の機密データなどが詰まった機械なので、一番慎重に取り扱うべきものでしょう。パソコン回収専門業者があるので、事前に申し込みをして回収専用ダンボールを手に入れます。そこに不要になったパソコンを入れて送れば処分は完了です。データの消去も責任を持って行います。

オススメの処分方法


オフィスの移転は不要なものを捨てる良い機会でもあるので、このタイミングを上手く使ってオフィスを整理整頓するのも良いです。使わないものがある散らかった環境では集中して仕事をすることが難しくなりますし、効率も悪くなる危険性もあるので、正しく不用品を捨てて効率化も狙いましょう。
実際に私はオフィス移転に関わった経験があり、身をもってその大変さを痛感しています。計画を立てて行わないと「まだ必要なもの先に移転先に持っていってしまった」、「最終日なのに不要品がたくさん残っている」ということになります。知識があればこのようなことは防ぐことができるので、役に立つ情報を紹介していきます。オフィスの不要品の処理の仕方は大きく分けて主に三つあります。
「買取業者に売る」、「自治体の回収拠点に持っていく」、「自治体や専門業者に回収処分してもらう」の三つの方法です。最初に紹介するのは買取業者に売る方法ですが、売ることが出来るのであれば積極的に売った方が良いです。当たり前ですが、オフィスの移転はお金がかかります。

買取業者に売る

少しでも補填をするためにも、いらないものはお金に変えるべきです。
何でも売れるというわけではなく、それなりに価値があるものでないと買取ってくれる業者は無いです。最近は出張してくれる買取業者も多いですし、買取を行っているリサイクルショップなどあるので、色々と交渉してみるのもアリです。テスクや椅子などは再利用できるものですし、状態が良ければ高額で買取ってくれる可能性も高いです。
ロッカーや棚なども需要があるものなので、リサイクルショップでは高価買取をしているところもあります。一つの業者の見積もりだけで判断するのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらったほうが比較しやすくなるので、時間に余裕があれば見積もりをたくさん出してもらいましょう。

見積もりは無料というところが多いので、たくさん申し込んでも特にデメリットはないです。説明書や付属品がある場合は、なるべく全てを揃えておいた方が高価買取につながります。

不用品回収業者

壊れていて本来の機能を果たせていない、傷や汚れがひどい場合は売ることが難しいので、この場合は不用品回収業者にお願いして回収してもらうと良いです。オフィス移転で出た不要な家具の処分方法は他にもあります。オフィス家具のほとんどが産業廃棄物に分類されているので、ルールに従って処分をしなければいけないです。

自治体によってはオフィスのゴミを受け入れてくれる

そこで次に紹介するのが自治体の回収拠点に持っていく方法です。
自治体によってゴミの出し方が違うように、オフィス移転で出た不要な家具の処分方法も多少違いがあります。自治体によってルールも異なるので、まずはホームページなどで産業廃棄物の処理方法を調べておくと良いです。自治体によってはオフィスのゴミを受け入れてくれるので、知らずに損をしないように情報を仕入れておくと良いです。

産業廃棄物は通常のゴミ捨て場ではなく、決められたところでしか扱うことが出来ないです。自分の住んでいる地域、会社がある地域ごとに回収場所も違うので、間違いが無いようにしましょう。
自社でトラックや軽トラを用意出来る場合は、不要品を荷台に積んで回収場所に持っていきます。このときに荷物が崩れないようにロープなどでしっかりと固定しておかないといけないです。自分達で全てやる場合はミスが起きやすいので、2重3重のチェック体制を設けてミスが起きないように心掛けましょう。
人間は気をつけていてもうっかりミスをしてしまうものなので、出来れば数人で作業を行い、数人でチェックしていくのが良いです。

自治体に回収処分してもらう方法もあります。これは事前に連絡をしておいて、日時を決めてオフィスの不要品を回収に来てもらいます。回収作業がスムーズに行えるように、不要品は一箇所にまとめておくと良いです。

処分等をしてくれる引っ越し業者を探す

引っ越し作業と不要品の処分を同時に行いたいのであれば、処分等をしてくれる引っ越し業者を探すと良いです。
引っ越しの費用以外に追加でお金を支払う必要がありますが、この方法であれば面倒な作業を代行してもらうことが可能です。通常業務が忙しいと、引っ越し作業に費やす時間を確保するのが難しいですし、仕事の効率を下げてまで引っ越し作業を行うのは賢い行動とは言えないので、忙しい場合は処分等をしてくれる引っ越し業者を探すほうが良いでしょう。

業者を選ぶときは信頼できるところを選ばなくてはいけないです。中にはルールを守らない業者もありますし、評判が悪いところもあるので、口コミなどを確認して高い評価を得ているところを選びます。基本的なことですが、しっかりと認可を得ているのかも確認するべきです。安く済むからといって知人に頼んだりするのも良いですが、その人が違法業者に所属していたり、違法な方法で処分を行ってしまうと、依頼した人間も責任を問われることもあるので要注意です。

ゴミを処分する時に注意すること


ゴミを処分する時に注意することはたくさんあります。自分では正しいと思っていても、実はNGな行動である場合もあるので、この機会にもう1度考え直してみることをお勧めします。

作業中の怪我

まずは基本中の基本ですが、怪我をしないということが重要です。オフィスの移転と通常業務を平行して行うときに、怪我をしてしまうとかなりのマイナスになります。入院することになれば職場を離れることになるので、仕事の効率も悪くなってしまいます。大型の家具を処分するときは絶対に無理をしてはいけないです。自分ひとりで運ぶのが難しいと思ったら、無理をしないで人を呼びます。このときに無理をして一人で運ぼうとすると、ぎっくり腰などの怪我の原因につながります。腰の怪我をしてしまうと肉体労働はもちろん、デスクワークにも支障が出てしまうので十分注意して作業しましょう。

荷物を持って階段を上り下りするときも注意が必要です。バランスを崩して転倒してしまうと大怪我をする可能性があるので、エレベーターがある場合はなるべくエレベーターを使いましょう。周りにも気を配り、接触しないように安全確認を怠らないようにします。エレベーターを使うときは荷物の運搬を行いますと説明をしておき、迷惑が掛からないようにしておく良いです。

ゴミを放置しない

次に注意するべきポイントはゴミを放置しないということです。賃貸物件の場合は借りる前の状態に戻しておくというのが常識です。傷や凹みが無いように気をつけるのは当然ですが、引っ越しの時にゴミを残さないようにするのもルールです。大きなオフィス家具を置いていたところには長年たまったほこりやゴミが落ちていることがあります。それは放置しないでしっかりと片付けておかなくてはいけないです。
ゴミを外に持ち出す場合は、道路に汚れやゴミを残さないというのも大事なポイントになります。荷物をトラックに積み込むときに道路を汚してしまったら、しっかりと綺麗にしましょう。みんなが快適に生活できるように一人ひとりの心掛けが大事です。正しい方法で処分するということも忘れていけないです。

情報漏洩には細心の注意を払う

パソコンや携帯電話やプリンターなどを処分する場合、情報漏洩には細心の注意を払う必要があります。個人情報や顧客データの流出は多くの人に迷惑をかけてしまうので、絶対に避けなければいけないです。パソコンや携帯電話やプリンターなどは個人情報のかたまりと言っても過言ではなく、取り扱いには細心の注意を払わなければいけないです。
専門業者を利用しないで処分する方法の一つに、自分で自治体の回収ボックスに入れて処分するという方法があるのですが、このときはしっかりとデータを消去してから廃棄しましょう。

正規業者の確認

専門業者に依頼する場合は、正規業者の確認をしっかりと取ります。たくさんある業者の中にはプロ意識が低く、信頼できないところもあります。プロ意識が低いところと仕事をするのはストレスがたまりますし、最悪の場合は迷惑を被ることもあるので、業者選びは慎重に行ったほうが良いです。なるべく安く抑えたいというのは当然の考えですが、ルールはしっかり守れる相手を選びようにするべきです。

費用の確認

費用の確認したいときは各社のホームページを見るのが定番ですが、大手の会社の料金をまとめたサイトなどもあるので、簡単に比較したい場合は料金をまとめたサイトを使うと時間短縮になります。
具体的な費用を知るためには見積もりを出してもらう必要がありますが、大体の費用を知りたいだけであれば、例ごとに掛かる費用を紹介している会社もあります。良心的な会社であれば、お客様の目線になって情報をオープンにしているので、そういったところを優先して候補に入れておくことをお勧めします。

まとめ


ここまでオフィス移転で出た大量の大型ゴミの処分方法や、オススメの方法と注意点などを紹介してきました。オフィスの移転は大変なことが多く、何から手をつけて良いのか分からないという人がたくさんいると思いますが、今回を紹介した内容を理解して、優先順位を決めて引っ越し作業を行えば通常業務に支障が出ないように作業を進めることができます。計画性を持って準備をすれば難しいことはなく、スムーズにオフィスの移転が完了するはずです。

オフィスの不要品の処理の仕方は大きく分けて主に三つあるということを覚えておくと、迷わずに処理方法を選択することができます。処理方法は出張してくれるお店やリサイクルショップに売却する方法をはじめ、自治体の回収拠点に直接持っていったり、自治体や専門業者に出張してもらって回収処分してもらう方法があります。
この三つの方法があるので、自分や会社の考えに合うものを選びましょう。壊れていて本来の機能を果たせていない、傷や汚れがひどいものは評価が下がってしまうので、オフィスの機械や家具は大事に使うようにしたほうが良いです。オフィスの移転はいらないものを一気に片付けるチャンスでもあるので、荷物やオフィス家具が増えて困っている場合は、移転と同時に不要品を処分することをお勧めします。

オフィスの家具は産業廃棄物になる事を社内で共通認識として持つ

不要品の処分の方法は決まっていて、オフィスの家具は産業廃棄物になる事を社内で共通認識として持つことも非常に大切です。共通認識を持つことで間違った行動はなくなりますし、お互いに注意することが可能になります。

ごみの捨て方などで会社の信頼を落とさないようにする

ごみの捨て方などで会社の信頼を落とさないようにすることを意識しましょう。不要品を処分する時に考えなくてはいけないのが個人情報についてです。ノートパソコンやデジタルカメラ、携帯電話やプリンターは個人情報が大量に詰まっている機械です。これを放置するのは非常に危険ですし、データを消去しないで処分すると思わずトラブルに巻き込まれることもあるので要注意です。

自治体の回収ボックスに入れるときは必ずデータを消去してからにします。回収業者にお願いするときは、確実にデータを消去してくれる信頼できる業者に依頼するようにしましょう。新しいモデルや、状態が良いパソコンであれば家電量販店やパソコン販売店が高価で買い取りをしてくれることもあるので、処分する前に見積もりを出してもらうと良いです。新しいオフィスで気持ちよく仕事が始められるように、不要品は正しく処分しましょう。

不用品回収・粗大ごみ・遺品整理でお悩みの方

CTA-IMAGE 月間ご依頼1000件突破!!大阪・兵庫・奈良・京都の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷の掃除は業界最安値のオールサポートにおまかせください。お電話一本で最短30分でスグにお伺いいたします。 ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

汚部屋やゴミ屋敷・片付けカテゴリの最新記事