ゴミ屋敷の掃除やかたづけは何から始める?手順から業者の選び方まで

ゴミ屋敷の掃除やかたづけは何から始める?手順から業者の選び方まで

ゴミ屋敷の掃除やかたづけをしようにも、何から始めればいいかわからず、困っている方は多いのではないでしょうか。手順を守ってかたづけなければ、ゴミ屋敷をきれいにするのに時間がかかってしまいます。また、ゴミ屋敷をいつ始めるかについても確認しておきましょう。場合によっては、自分だけでかたづけるのではなく、プロの業者に任せることをおすすめします。ここでは、ゴミ屋敷の掃除やかたづけは何か始めるべきか、手順を詳しく解説するとともに、業者の選び方も紹介していきます。

ゴミ屋敷の掃除やかたづけについて

ゴミ屋敷の掃除やかたづけをしようにも、中々行動に移せない方は多いのではないでしょうか。ゴミが溢れているほどにかたづけや掃除に時間がかかるため、いつ始めるべきか決めかねている方もいるでしょう。ベストなタイミングで正しい手順でかたづけることで、ゴミ屋敷を早くきれいにできます。また、業者の力を借りることで、質の高いゴミ屋敷の掃除やかたづけが可能となります。この記事では、ゴミ屋敷の掃除やかたづけについて、以下の項目を解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除やかたづけを始めるタイミング
ゴミ屋敷の掃除やかたづけをいつ始めるか解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除やかたづけの事前準備
ゴミ屋敷の掃除やかたづけの事前準備について解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除やかたづけの手順
ゴミ屋敷の掃除やかたづけの手順について解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除やかたづけを頼むかどうか決めるポイント
ゴミ屋敷の掃除やかたづけを業者に依頼するかどうか何を基準に決めるか解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除やかたづけの業者の選び方
ゴミ屋敷の掃除やかたづけの業者の選び方を解説しています。

ゴミ屋敷の掃除やかたづけを始めるタイミング

ゴミ屋敷の掃除やかたづけは、できるだけ早く始めることが大切です。ゴミの種類によっては、時間が経つほどに掃除やかたづけが大変になります。特殊な洗剤を使わなければ取れないような汚れが付着していたり、臭いがついたりするかもしれません。

また、ゴミ屋敷は家の外にまでゴミが溢れており、近所の人からうわさを立てられるケースがあります。異臭が発生すると、迷惑をかけてしまうでしょう。このような事態を防ぐためにも、早めに掃除やかたづけを始めることが大切です。

家族や親族で一緒にかたづけや掃除をするのであれば、スケジュールを合わせましょう。それぞれが独自の判断で掃除やかたづけをすると、掃除をした後に家具を運びだしてしまい、そのときに大量のホコリが発生することで、再び掃除が必要になります。二度手間になることで、予定通りに終わらなくなるでしょう。

ゴミ屋敷の掃除やかたづけの事前準備

ゴミ屋敷の掃除やかたづけを始める前に、しっかり準備することが大切です。準備が不十分だと、途中で掃除を中断することになったり、掃除が二度手間になったりします。どのような準備が必要か詳しくみていきましょう。

自力で掃除やかたづけが可能か確認する

そもそも、自力でゴミ屋敷の掃除やかたづけが可能か確認しましょう。3DK以上のゴミ屋敷になると、多くの人手が必要になるため、実質のところ掃除やかたづけが不可能となります。掃除に時間がかかることで、その間に再びホコリが溜まり、二度手間となるでしょう。また、キッチンや洗面所、お風呂などが機能しておらず、人が住める状態ではない場合は、早急な対応が必要です。

その他、駐車場や庭などまでゴミが溢れている場合は、素人が対応できるレベルを超えています。また、ゴミの種類的に精神的な負担が大きかったり、スケジュールの都合上、予定を空けることが難しかったりする場合も掃除やかたづけができないでしょう。

素人では対応できない場合は、業者に依頼することをおすすめします。掃除にお金をかけたくないという方もいますが、休日などに掃除をすると、せっかくの休日がなくなってしまいます。そして、掃除の疲労によって普段の仕事に支障をきたし、結果的に損をすることになるでしょう。

そのため、無理をせず業者に依頼することが大切です。

人手の確保とスケジュールの調整

ゴミ屋敷は、一人では掃除やかたづけはできません。目安として、最低3人は人手が必要でしょう。また、ゴミ屋敷の掃除やかたづけは短期間で終わらせることが重要なため、2~3日はスケジュールを確保してください。

できれば、3連休のタイミングで掃除しましょう。長引かせると掃除に対するモチベーションが下がり、効率も悪くなります。

道具の準備

次の道具を準備しましょう。

・マスク
・軍手
・ゴキブリ駆除剤
・蚊取り線香
・ゴミ袋(大量に)
・ガムテープ
・紐
・モップ
・掃除機
・雑巾
・洗剤
・バケツ
・軽トラックなど

上記の道具は必須と考えておきましょう。また、ゴミの量によっては、軽トラックよりも大型トラックが望ましいです。

ゴミの回収日などを確認する

ゴミを整理しても、捨てられなければ意味がありません。長期間、ゴミを置くことで、臭いがひどくなることも考えられるため、ゴミの回収日を確認しておきましょう。また、自治体のゴミ処理センターに持ち込むことで、ゴミを溜めておかずに済みます。

ゴミ屋敷の掃除やかたづけの手順

ゴミ屋敷の掃除やかたづけは、手順を守ることが大切です。次の手順で作業しましょう。

害虫駆除

ゴキブリやコバエなどを駆除するために、殺虫剤などを使いましょう。バルサンなどを炊いて、徹底的に駆除してください。また、ネズミなどの害虫がいる場合は、業者に依頼することをおすすめします。

ゴミから処分する

まずは、ゴミから処分していきましょう。先に掃除をすると、ゴミを運び出すときにホコリが舞って、再び掃除が必要になります。手当たり次第にゴミを回収するのではなく、一角ごとに回収していくといいでしょう。

仕分け作業

いるものといらないものに仕分けましょう。次のポイントを押さえて仕分けてください。

仕分けボックスに分けていく

いるものといらないものの仕分けボックスを作り、仕分けしていきましょう。いるものの中でも、思い出の品や生活必需品など細かく分けてもいいですが、細かく分けすぎると仕分けに時間がかかるため注意が必要です。

必要最低限のもの以外は捨てる

必要最低限のもの以外は捨てましょう。捨てられない性格によってゴミ屋敷になったケースでは、特に仕分けが重要となります。仕分けの段階で不用品を残してしまうと、ゴミの処理の手間も増えます。

迷うものは捨てる

捨てるかどうか迷うものは捨てましょう。いずれ使うかもしれないと考えてしまうと、ほとんど捨てずに置いてしまいます。年月の経過とともに品質が劣化していき、使いたいときに使えなくなる可能性もあるため、迷ったものは捨てることが大切です。

ゴミを搬出して捨てる

ゴミをまとめたら、搬出して然るべき方法で捨てましょう。自治体のゴミ処理センターに持ち込む場合は、軽トラックなどを使ってください。まずは、大型ゴミから処理するといいでしょう。また、ゴミ処理センターによっては、捨て方によってお金がかかるかどうかが変わるため、最もお金がかからない捨て方を確認しておくことをおすすめします。

部屋を掃除する

モップや掃除機などで部屋を掃除しましょう。しっかり雑巾がけをして、こべりついた汚れを取り除いてください。特に、生ごみから出た水分は、ゴキブリやコバエなどの大量発生に繋がるため、しっかり掃除しましょう。

ゴミ屋敷の掃除やかたづけの業者の選び方

ゴミ屋敷の掃除やかたづけを業者に任せる場合は、次のようなポイントに注目して選びましょう。

実績が豊富

ゴミ屋敷の掃除やかたづけの実績が豊富な業者に依頼しましょう。実績が豊富であれば、様々なパターンのゴミ屋敷に対応できます。また、全国展開している業者の場合は、実績数が多くても、店舗ごとの実績は少ないケースがあるため、依頼する店舗の実績を確認することが大切です。

また、実績ばかりアピールする業者は避けた方がいいでしょう。実績が多くても、作業の質が高いとは限りません。数をこなすために、作業の質を落としている可能性もあります。そのため、作業の質の部分とセットで考えて、良い業者かどうか見極めましょう。

評価が高い

口コミサイトなどで評価を確認しましょう。業者のウェブサイトにも評価が記載されているケースが多いのですが、嘘の評価が書かれている場合があります。実際に依頼した人と一緒に映っている写真が掲載されており、生の声が記載されていることがベストです。

また、口コミサイトで評価を見るときは、良い評価ばかりではなく、悪い評価も確認しましょう。悪い評価が書かれていても、口コミを書いた人が一般的な感覚を持っておらず、一般的にマイナス評価とならない可能性もあります。口コミの細部まで確認しましょう。

また、同じ内容の口コミばかりの場合は、サクラの可能性もあります。その業者の得意とする部分を褒める内容の口コミが多いことは不自然ではありませんが、書き方に共通点がみられる場合は注意が必要です。

損害賠償保険に加入している

ゴミの運び出しやかたづけの際に、家具や床を傷つけてしまうケースがあります。このようなトラブルの対策として、損害賠償保険に加入している業者に依頼しましょう。保険に加入していない業者の場合、弁済を拒否される可能性があります。

ただ、本人にとって価値がある嫁入り道具などの破損に関しては、同じ商品が販売されておらず、弁済が難しくなるため、大切なものは予め回収しておくことをおすすめします。

電話対応がいい

業者に電話で相談した際の対応からは、業者の質が伺えます。見積もりを焦らせるようなことを言われた場合は注意が必要です。見積もりを依頼することで、本依頼を断りにくくする狙いがあるかもしれません。また、不安や疑問を解消するために、様々なことを質問する場合には、快く回答してくれるか確認しましょう。

実際にゴミ屋敷を見なければわからない点が多いのですが、とりあえずゴミ屋敷の状態を見させてほしいと強く言われた場合は注意が必要です。依頼を焦らそうとしている可能性があります。

料金が高すぎず安すぎない

料金が高すぎる場合も安すぎる場合も注意が必要です。複数の掃除業者に見積もりを依頼し、他の業者よりも明らかに料金が高い場合は、その根拠を求めましょう。掃除の質が高いため、料金も高いと言われることもありますが、具体的にどのような掃除をするのか確認してください。

納得できない場合は、依頼しない方がいいでしょう。料金が安すぎる場合は、どこでコストを下げているのか確認することが大切です。もし、作業の質に関する部分のコストを下げている場合は、他の業者を選ぶことをおすすめします。作業の質が低い場合、十分に掃除やかたづけができておらず、結局自分たちでやり直すことになる可能性があります。

まとめ

ゴミ屋敷の掃除やかたづけを始める前に、しっかり準備することが大切です。人手を確保して、ゴミ屋敷をきれいにできる準備をしましょう。また、必要な道具や軽トラックを用意してください。軽トラックをレンタルする場合は、予約しておき、確実に借りられるようにしておきましょう。掃除の順序は、最初に害虫駆除を行い、続いてゴミを処理していきます。ゴミを後から処理すると、ホコリが立ったり、生ごみから液が出たりして、再び掃除が必要になるでしょう。その後は、いるものといらないものに仕分けしてください。

何でも残すのではなく、迷ったものは全て捨てることがポイントです。最後に掃除をして、ゴミ屋敷をきれいにしましょう。もし、ゴミ屋敷を自分たちで掃除することが難しい場合は、業者に依頼することが大切です。短期間でプロの技術でゴミ屋敷をきれいにしてくれます。実績があり、対応がいい業者を選びましょう。口コミサイトには、業者の質に関する評価が記載されているので、参考にしてみてください。見積もりや依頼前の段階で不快感があった場合や、強引な対応をされた場合は、他の業者を選んだ方がいいでしょう。ゴミ屋敷をしっかりきれいにしてくれる良質な業者に依頼することが重要です。

不用品回収・粗大ごみ・遺品整理でお悩みの方

CTA-IMAGE 月間ご依頼1000件突破!!大阪・兵庫・奈良・京都の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷の掃除は業界最安値のオールサポートにおまかせください。お電話一本で最短30分でスグにお伺いいたします。 ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

汚部屋やゴミ屋敷・片付けカテゴリの最新記事