ゴミ屋敷や汚部屋の掃除業者は何ができる?依頼のメリットや選び方のポイント

ゴミ屋敷や汚部屋の掃除業者は何ができる?依頼のメリットや選び方のポイント

ゴミだけではなく、家具や電化製品など様々な不用品が置き去られているゴミ屋敷。家族で掃除しようにも、ゴミや不用品が大量にありすぎて、なかば諦めているという方もいるでしょう。そこでおすすめなのが、プロの業者にゴミ屋敷の掃除を依頼することです。ゴミ屋敷の掃除の問題が一気に解決しますよ。ここでは、ゴミ屋敷の掃除業者はどういった作業ができるのか、依頼のメリットや業者選びもポイントなどと併せて詳しく解説します。

ゴミ屋敷の掃除業者への依頼について

ゴミ屋敷の掃除業者に本当に依頼するべきかどうか考える際には、依頼のメリットとデメリットを確認することが大切です。自分にとってそれほどメリットがなかったり、デメリットが大きかったりする場合は、依頼を考え直した方がいいかもしれません。

一方で、ゴミ屋敷の掃除業者に依頼するメリットが魅力的に見えたり、デメリットがメリットに対して小さかったりした場合は、依頼した方がいいと言えます。この記事では、ゴミ屋敷の掃除業者への依頼について、次のような項目を解説していきます。

・ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼するメリット
業者に依頼してゴミ屋敷をキレイにするメリットを解説しています。・ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼するデメリット
ゴミ屋敷の掃除を業者に任せることのデメリットを解説しています。・ゴミ屋敷の掃除業者を選ぶときのチェックポイント
良い業者を選ぶためのチェックポイントを解説しています。・ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼するタイミング
どのタイミングでゴミ屋敷の掃除を依頼するか解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除業者の料金相場
ゴミ屋敷の掃除にかかる料金の相場を解説しています。

・ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼するときの注意点
ゴミ屋敷の掃除業者との間で起こり得るトラブルを踏まえ、注意点を解説しています。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除を業者に依頼するメリット


ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。実は、単にキレイにしてくれることの他にも様々なメリットがあります。詳しくみていきましょう。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除の手間を省ける

ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼すれば、純粋に掃除の手間が省けます。手間には、労力だけではなく、時間の消費、精神的な消耗などが含まれます。ゴミ屋敷の掃除に身も心も疲れ果て、生活や仕事に支障をきたすこともあるでしょう。

ゴミ屋敷の掃除の手間を省くことができれば、心身への負担を大きく減らすことができるのです。

親族総出で掃除をする必要がなくなる

ゴミ屋敷は部屋数が多いため、多くの人手が必要なケースがあります。大きな家具や重い不用品があると、親族総出で掃除が必要になることもあるでしょう。親族が高齢で、人手が足りなくなることもあります。

業者に依頼すれば、親族総出で掃除する必要もありません。スケジュールを合わせる必要もないため、速やかにゴミ屋敷をキレイにできます。

短期間でゴミ屋敷をキレイにできる

ゴミ屋敷の掃除業者は、短時間でキレイにするための知識と技術を持っています。そのため、自分たちで掃除するよりも、短期間でキレイにできるのです。ゴミが家の前にまで散乱していると、近所で噂を立てられてしまう場合があります。

短期間でキレイにすることで、そのような面倒なことも未然に防げるでしょう。また、長期間放置することによってニオイが染みついたり、虫が湧いたりする前にキレイにできます。虫やニオイなどの問題は、別の業者に任せることになるケースもあり、余計に費用がかかります。費用を抑えるためにも、プロの業者に任せて、短期間でキレイにした方がいいでしょう。

特殊清掃まで任せられる

住人が亡くなってしばらく発見されなかった場合、通常の清掃ではキレイにできない状態となります。このような特殊清掃も業者に任せられます。自分で清掃する場合、汚染による健康上のトラブルが懸念されるため注意が必要です。多少、お金をかけても特殊清掃は業者に依頼することが大切です。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除を業者に依頼するデメリット


ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼すること特有のデメリットはありません。しかし、掃除業者に限らず、どのような業者に依頼する際にも共通するデメリットがあります。詳しくみていきましょう。

料金がかかる

プロに作業を依頼するため、どうしても料金がかかります。そのため、費用を抑えたい場合は依頼を迷うこともあるでしょう。しかし、自分でゴミ屋敷を掃除することになれば、場合によっては仕事を休んだり、少ない休日を犠牲にしたりすることになります。

結果的に、経済的な負担を受けていることになるのです。プロの業者に依頼すれば、料金はかかるものの、プロならではの技術と知識でキレイにしてくれるため、結果的に経済的な負担を抑えられます。

質の低い業者を選ぶリスクがある

どのような業界にも質の低い業者が存在します。ゴミ屋敷の掃除を依頼したものの、しっかり掃除できていなかったり、不用品を運び出すときに家具を傷つけられたりすることがあるのです。これは、信頼できる業者に依頼することで防ぐことができます。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除業者を選ぶときのチェックポイント

ゴミ屋敷の掃除業者を選ぶときは、様々なポイントをチェックしましょう。ひとつずつ問題がないか確認し、総合的に優れた業者を選ぶことが大切です。業者選びのチェックポイントは次の通りです。

作業の品質

どれだけ料金が安くても、作業の品質が低ければ依頼のメリットを得られません。作業の品質が十分な業者を選ぶことが大切です。作業の品質は、実際にキレイにした部屋の写真で確認できます。ホームぺージに写真が掲載されていることがあるのでチェックしましょう。

資格を持っているか

ゴミ屋敷を掃除する際には、廃棄物を集めて破棄してもらいます。廃棄物を含め、不用品を回収・運搬するためには、「一般廃棄物収集運搬業許可」という資格が必要です。所持していない場合、不法投棄する業者の可能性があるため、事前に確認が必要です。

また、骨とう品や貴金属の買い取りには、古物商許可という届け出が必要です。届け出ていない場合は、自ら別の業者に持ち込むことになるため手間がかかります。骨とう品や貴金属の買い取りを希望する場合は、古物商許可の届け出をしている業者に依頼しましょう。

その他、ゴミ屋敷の主が亡くなっており、遺品整理を行う場合は、遺品整理士の民間資格を持つ業者に依頼することをおすすめします。遺品整理の正しい知識を持つため、信頼度の高い遺品整理をしてもらえます。

料金が明確か

料金が明確ではない場合、高額な追加料金を請求されたり、総費用を予測できなかったりします。大きな家具1つにつき追加料金がかかるなど、細かい料金設定がある場合は全て確認しておきましょう。見積もりの段階で、大体の費用を確認して、依頼するかどうか決めることが大切です。

口コミに問題はないか

業者に依頼する前に、口コミをチェックすることが大切です。どれだけホームページに信頼性を高める文言が記載されていても、口コミに問題がある場合は慎重な姿勢を取った方がいいでしょう。例えば、料金が明確で追加料金が発生しないとホームページに記載されているのに、高額な追加料金が発生したという口コミがあったとします。

これは、業者のホームページに記載されていることが嘘の可能性があります。他の業者による妨害の可能性も否定できませんが、良い口コミが少なく、悪い口コミが目立つ場合は注意が必要です。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除を業者に依頼するタイミング


ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼するタイミングに指定はありません。しかし、依頼が多く、依頼主の希望日に合わせられない場合もあるため、早めに業者を探すことが大切です。目安として、ゴミ屋敷の掃除をしてほしい日の約2週間前に相談するといいでしょう。業者も人員の確保などが必要なため、早めに伝えた方が希望の日程に決まりやすいです。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除業者の料金相場

ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼する際には、料金が相場から大きく外れていないか確認しましょう。料金の相場は、部屋の数で異なります。部屋数が増えれば、それだけ掃除に時間と労力がかかり、多くの人員が必要です。料金の相場は次のとおりです。

間取り相場人数
1R・1K30,000~70,000円1~2名
1DK40,000~100,000円2~3名
1LDK60,000~180,000円2~4名
2DK80,000~220,000円3~5名
2LDK100,000~270,000円3~6名
3DK130,000~380,000円3~8名
3LDK160,000~450,000円4~9名
4LDK以上200,000~580,000円5名~

上記のように、1Kと3LDKでは約40万円もの差があります。必要な人員も約4~5倍となります。人員の数を減らし、自分や親族、友人なども掃除に参加することで、費用を抑えることは可能です。

ゴミ屋敷・汚部屋の掃除を業者に依頼するときの注意点


ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼する場合、信頼できる業者を選ぶことが大切です。信頼できる業者であれば、トラブルが起こるリスクが低いため、安心して任せられるでしょう。信頼できない業者に依頼した場合、どのようなトラブルが起こるのか、注意点と併せて詳しくご紹介します。

金品を持ち去られる

ゴミ屋敷には、不用品だけではなく骨とう品や貴金属が埋もれているケースがあります。持ち主の関係者がそのことを把握しておらず、業者が最初に発見することもあるのです。この場合、依頼主に報告し、買い取りの有無などを決めます。しかし、悪質な業者は無断で持ち去ってしまいます。このような事態を防ぐために、あらかじめ骨とう品や貴金属だけ先に回収しておいたり、近くで作業を見届けたりすることが大切です。

家具や内装を傷つけられる

不用品を運び出すときなどに、家具や内装を傷つけられる場合があります。業者が損害保険に加入している場合は弁済してもらえますが、加入していない場合は交渉が必要です。場合によっては、過失は認めるものの弁済せずに逃げてしまうでしょう。

そのため、損害保険に加入しているのか、実際に損害を受けたときは保障してくれるのかを確認しておくことが大切です。

安すぎる金額で不用品を買い取る

不用品を安すぎる金額で買い取ろうとする業者もいます。実際には数万円の価値があるものをゴミ扱いして回収するなど、窃盗に近いことをするのです。少しでも違和感を覚えたら、その業者には買い取りを依頼せず、自分で信頼できる買い取り業者に持ち込むことが大切です。

不法投棄のトラブルに巻き込まれる

不法投棄している業者の場合、摘発される可能性があります。その結果、不法投棄されたゴミを持ち主が自分で正しく処分することになります。このようなトラブルに巻き込まれる恐れがあるため、先に紹介した一般廃棄物収集運搬業許可を持つ業者に依頼することが大切です。

 

まとめ


ゴミ屋敷の掃除業者に依頼することで、掃除の手間を省くことができます。不用品や骨とう品、貴金属の買い取りなども1回で済むため、ゴミ屋敷の整理が早く済むでしょう。ただし、悪質な業者もいるため、チェックポイントを押さえて良質な業者に依頼することが大切です。業者のホームページには、作業の品質がわかるビフォーアフター写真や所持資格の情報などが記載されています。

また、悪い口コミが多い場合はホームページに記載の内容に問題がなくても警戒した方がいいでしょう。ホームページに記載の内容が嘘のケースもあるため、万全を期す場合は口コミまでしっかり確認することをおすすめします。

また、作業の際には作業員の様子を見て金品の持ち去りを防いだり、先に骨とう品や貴金属を回収しておいたりすることが重要です。悪質な業者はごく一部ですが、思わぬトラブルにあわないためにも、ある程度の警戒は必要です。
ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼すれば、掃除に人手を集める必要もありません。会社を休んで親族とスケジュールを合わせるような負担を受けることもないでしょう。ゴミ屋敷の掃除はプロの業者に任せ、短期間で済ませることをおすすめします。

不用品回収・粗大ごみ・遺品整理でお悩みの方

CTA-IMAGE 月間ご依頼1000件突破!!大阪・兵庫・奈良・京都の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷の掃除は業界最安値のオールサポートにおまかせください。お電話一本で最短30分でスグにお伺いいたします。 ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

ゴミ屋敷・片付けカテゴリの最新記事